黒酢にんにくの最強伝説|瞬く間に元気になれる

お馴染みの健康飲料です

飲料

原料がいくつかあります

健康ドリンクといえば青汁、というくらい青汁は今や日本人にとってお馴染みの健康ドリンクとなりました。ひとくちに青汁といっても、いくつかの原料があるのをご存知でしょうか。まず1つは、ケールです。ビタミン類やβカロテン、食物繊維など様々な栄養素をバランスよく含んでおり、抜群の栄養価を誇る野菜です。苦味があるのが特徴です。次に、明日葉です。明日葉もケール同様、栄養価の高い野菜です。老化や肥満を防ぐ効果のあるカルコンという独自の成分を含んでいます。そして、大麦若葉です。動脈硬化や糖尿病を防ぐといわれているSOD酵素を含むことで注目されています。苦味が少なく飲みやすいのが特徴です。この他にも、よもぎやクロレラ、長命草などが青汁の原料として使われています。

手軽に野菜が摂取できます

現代人は野菜不足だといわれています。厚生労働省では、1日に350グラム以上の野菜を摂取するよう呼びかけています。しかし、特に忙しく働く20代から30代は、1日に300グラム弱しか野菜が摂れていないという調査結果があります。そんな現代人にとって、手軽に野菜を摂れる青汁はぴったりの健康ドリンクなのです。前述のように、青汁は大変栄養豊富なドリンクです。粉末タイプや冷凍タイプなど、自分の生活スタイルにあったタイプの青汁を選ぶことができるので、忙しい朝などでも簡単に栄養バランスのよいドリンクを飲むことができます。多くのメーカーでは通販を行っているので、買いに行く手間もかからず、続けやすいのも人気の秘密です。