黒酢にんにくの最強伝説|瞬く間に元気になれる

黒いお酢の健康成分とは

酢

普通のお酢と黒いお酢

お酢は身近にあるもので食用として広く使われています。その内容としては、酢酸を3%から5%程度含んでいる液体で、一般的には穀物や果実などから醸造酒を作り、そこへ酢酸菌を加えることで酢酸発酵させて作られます。このさいお酢の原料となる醸造酒の種類により、お酢の色が変化します。日本で一般的に使われている普通としては穀物酢が中心で琥珀色をしています。日本におけるお酢のイメージとしてはこの琥珀色のお酢です。一方で黒酢と呼ばれる色の黒い酢もあります。この黒酢は、主に中国で生産されていたもので、もち米を醸造しもみ殻を加えて発酵させたものです。香醋とも呼ばれ中国ではポピュラーなお酢ですが、アミノ酸などを豊富に含むため日本では健康食品として広く流通しています。

成分によるメリット

黒酢が一般の穀物酢に比べて身体に良いとされる理由が成分です。黒酢の成分で特に注目されるのが必須アミノ酸です。特に体内で合成することができない9種類の必須アミノ酸のうちトリプトファン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの8種類を含んでいます。またビタミンB群やミネラルも豊富に含まれており、酢酸そのものも体内に取り入れられることでクエン酸に変化し疲労の原因となる乳酸の分解を手助けしてくれます。黒酢は現在ではスーパーでも購入することが可能で、普通の食酢の代用として使うこともできますが、やや癖がある酢になります。このため豊富な栄養素から健康食品の原材料として広く使われています。